【iPhone12】大人気 パープル iPhoneケース シンプル フレーム

【iPhone12】大人気 パープル iPhoneケース シンプル フレーム

490円

【iPhone12】大人気 パープル iPhoneケース シンプル フレーム

【iPhone12】大人気 パープル iPhoneケース シンプル フレーム:ご注文後、ご注文確認書が届きますので、弊社チームより配送内容をご連絡いたします。 最大56%オフ!,低価格,【即発送可能】【iPhone12】大人気 パープル iPhoneケース シンプル フレーム
fc2ブログ

「疑惑の祭典(採点)」(北京冬季オリンピックpart5)

スノーボード/男子ハーフパイプで、平野選手が「

「疑惑の判定」を乗り越え、スノーボード競技で日本人初の快挙!

 

スキージャンプの高梨選手の「スーツの規定違反で失格」が大きな話題になった。事実上、この「失格」によって日本はメダルを逃しただけに、日本人ならば誰しもが許し難い思いだろうが、実は今回のオリンピックは、これ以外にも「疑惑のデパート」の様相だ。

 

高梨選手のスキージャンプに関しては、通常とは異なるセクハラまがいの検査やら、特定の選手(または国家?)を狙い撃ちしたような甚だ公平性を欠く「抜き打ちチェック」など、ネットのニュースをチラ見しかしていないワタクシでさえ、それこそ論えば枚挙に暇がないくらいの「不可解な判定」が横行しているようだ。

 

そもそもホストを考えれば、過去の大会同様にインチキが横行するのは目に見えていたが、それはあくまで「地国選手に有利な判定」だけと思っていた。ところが、どうしたことか、ホストの選手とはまったく関係のないところにまで「疑惑判定」が横行していそうなのである。

 

その最たる例が、フィギュアスケート女子の「金メダル候補」ワリエワ(15)だ。団体競技後に「ドーピング違反で失格」となり、表彰式も取りやめになるほどの騒ぎになったにも関わらず、その舌の根も乾かぬ数日後に「無罪放免」という奇々怪々な茶番が演じられた。

 

「あれは検査のミスで、実際にはシロと判明した」という説明でもあればともかく、明確な説明は一切ないままウヤムヤにされてしまった。「明確な説明がない」ということは、すなわち「説明すべき明確な材料や根拠がない」ということで、これではなんらかの裏取引があったと疑われても仕方がなく、一体なんのためのドーピング検査かということになる。

 

ロシア勢といえば、度重なる組織的なドーピング問題の影響により、「ロシア」という国の代表ではなく「ROC」なるワケのわからない団体名として参加せざるを得ないくらい、常に「真っ黒な常習犯」である。

 

こんな連中が、国別で競う「団体戦」出場が認められていること自体が、そもそもおかしい。これでは単に呼び名を変えただけで、結局「国家」と同じ扱いである。

 

それなら「ROCとは、なんなのか?」と正式名を調べてみると「ロシア・オリンピック委員会」というから、結局「ロシア国」として参加しているのと何が違うのか。

 

そもそも、15歳に冬季オリンピック出場の資格があったのだろうか?

かつての浅田や紀平は「金メダル有力」と言われながら、年齢制限に引っ掛かってピークの時に出場を逃していた記憶があるのだが・・・

 

これまでも繰り返してきたように、冬季オリンピックで気に入らないのは「採点競技」が多いことだ。そもそも欧米が牛耳る国際スポーツ界では、過去に日本選手がメダルをたくさん獲った競技に限って、いつの間にか「大幅なルール変更」がなされるという小学生レベルの嫌がらせが繰り返された。そうした嫌がらせにも負けず、日本選手が新たなルールに適応して結果を残し始めると、今度は「疑惑の判定」が横行するという狡猾さで、浅田選手を始めとするフィギュアスケート勢や、ジャンプ、ノルディック複合選手など、どれだけこのルール変更や「疑惑判定」に泣かされてきたことか。

 

ところが今大会に限っては、必ずしも日本選手だけでなく(相変わらず被害に遭っている選手は、かなり多そうだが)、欧米選手なども多く被害に遭っているという面妖さだけに、これは常識的になんらかの利権が絡んでいるとしか考えられない。

 

とかく「採点競技」は胡散臭い。採点するのは神ならぬ人間だから、そこには必ず「感情や好み」が反映されるはずで、百歩譲って「依怙贔屓や悪意」はなかったとしても、人である以上、どうしても「主観」に左右されることは不可避だ。それで、たまたま「主観に合わない」採点員に当たってしまった選手こそいい面の皮で、これまでの人生を賭けた努力が無になってしまうのだから、これはどう考えても許し難いシステムである。

 

元々、オリンピックというイベントは、スポーツの素晴らしさや楽しさを広く伝えるための目的も重要なはずだ。特に冬季オリンピックの場合、普段はなかなか見ることのできない競技や、日本では日頃馴染みの薄い競技などを観るチャンスだけに、それこそ「スポーツの素晴らしさや楽しさ」を伝える絶好の場なのが、商業主義に偏り過ぎた昨今は政治裏の薄汚いカケヒキや疑惑判定のオンパレードなど「醜悪さ」ばかりが目に付き、オリンピック離れが加速している状況と言える。

 

事実、「疑惑の判定」が蔓延る冬季オリンピックの観戦はイライラばかりが募るのだから、この際は無味乾燥であろうが「AIによる公平な採点」とした方が、よほど公正を保てるのではと思えてしまう。

異次元の男の涙(北京冬季オリンピックpart4)

フィギュアスケート男子

SPでは鍵山が2位、宇野が3位の好位置につけたが、「オリンピック三連覇」の偉業に挑んだエースの羽生はまさかの8位と、大きなハンデを背負ってFSを迎える。

 

宇野、鍵山の健闘が称賛に値するのは間違いないが、なんといっても多くの日本人の期待は羽生だ。

 

なにせ、あの圧倒的な存在感は、これまでの日本選手にはないカリスマ性が確かにある。前回オリンピックで「」の宇野などは、他の大会での実績も併せて考えれば本来もっと騒がれてしかるべき存在なのに、なにしろ「羽生という稀代のスーパースター」の前には蔭が薄い。ましてや、心境著しいとはいえ鍵山に至っては

 

「そんな選手がいたのか?」

 

というレベルだ。

 

この小柄な2人に比べれば、手足が長くスタイルも(顔も)抜群の羽生には、やはり他の選手にはない「カリスマ性」がある。

 

もちろん、スタイルが良かったり顔が良かったりというのはあくまで二次的な要素にすぎぬ。あれだけの才能を備え、それに相応しいだけの輝かしい実績を残しながらも、常に現状に満足せずにさらなる高みを目指す求道者のストイックさも兼ね備えたところに、彼の「カリスマ」たる所以があるのだ。

 

ここに、羽生のことを上手いこと表現した文章を引用する。

 

「容姿のいいスポーツ選手のリストの上の方には、必ず羽生結弦の名前がある。フィギュアスケートに興味のない人でも、検索用語のリストやショートビデオを通して彼を覚えている人は多いに違いない。その“少年のような”表情としなやかな姿から、羽生結弦は『漫画の中から出てきた氷の王子様』とも称される」

 

「顔は翡翠(中国で古くから人気がある宝石)のように美しく、姿かたちは松の木のようにしなやかで、軽々と羽ばたく様子は驚いて飛び立つ白鳥のようであり、しなやかな美しさは自由に動き回る龍のようだ」とかつて称えたことを紹介。しかし、羽生の本当の魅力は優れた容姿ではないと、記事では指摘した。

 

「羽生ファンは『美しさは長所の中では言及する価値が一番低い長所だ』と常に言う。翡翠のように美しく優しい『氷上の王子様』はほとんど『大魔王』と言ってもよいほどの実力の持ち主なのだ」

 

これが、なんとC国メディア「CCTV」の解説者の記事と言うから驚くではないか。

 

確かに、このような「異次元の存在」だからこそ、多くの日本人だけでなく、今や世界中と言っても過言ではない期待が集中してしまうのは自然の成り行きであり、またその大きな期待をプレッシャーではなく、エネルギーに変えてしまうことができるのが「異次元の男」たる所以なのである。

 

そして、この「異次元の男」は強靭なメンタルを持っている。もちろん、メンタルの強さというのは努力である程度はなんとかなるのかもしれないが、やはり生まれ持った才能が大きい。あの女のような優しい顔からは想像できないような、誰よりも強靭なメンタルを持つのも「異次元の男」たる所以である。

 

だからこそ、「SP8位」と得点差の現実を踏まえれば、最早「金」はおろかメダルも絶望的という、目の前に突き付けられた現実も忘れたかのように、多くのファンが

 

羽生なら、途轍もない演技で金を獲ってくれるのでは?

 

という幻想を抱いてしまうのも無理ないことであり、またそのような「」を見せてくれる唯一無二の存在ともいえた。

 

この「異次元の男」の方程式には、そもそも「リスクを回避して、少しでも順位を上げたりメダルを獲りたい」などというケチな考えは、おそらく爪の先ほどもなかったのではないか。これまで誰も成しえず、それだけに大きな期待の掛かっていた乾坤一擲の大技にリスク覚悟で挑んで来たのは、異次元の男のプライドからすれば当然すぎる選択で、そもそも我ら凡人とは根本的に発想が異なるのである。

 

もっとも、本人はかつて

 

「五輪は発表会じゃない。勝負の場所で勝たなければいけない」

 

という話をしていたらしいから、この決断はあるいはSP8位という結果が齎した産物かもしれないが、そもそも羽生が狙っていたのは「」のみであって、銀や銅はハナから眼中になかったろうし、「金以外なら、どれも同じ」くらいの考えではなかったか。実際に、表彰台の一番高いところで皆の視線を一心に集めてこその羽生であり、脇の低い段に遠慮そうに立つ姿は「異次元の男」にはまったく似合わず、イメージすら浮かばないではないか。

 

そしていまだ

 

「メダルは取れなかったけど、私の中では彼が一番」

 

などとワケのわからないことをいう「信者」が後を絶たないのも、彼が唯一無二の「異次元の男」だからなのである。

 

一方、「異次元の男」の陰に隠れて目立たなかった宇野、鍵山の両選手。こちらは日本人としてもかなり小柄だから、国際大会では一層小ささが際立つが、そんなハンデを跳ね返して会心のパフォーマンスを演じきってのメダル獲得だから、これは称賛に値しよう。この大舞台で、ついに頭の上の大きな重石が取れた両選手には、一層伸び伸びとした演技の活躍を期待したい。

 

鍵山は会心の「銀」、宇野は羽生に勝った喜びの一方、後輩に負けた悔しさはあるだろう。羽生は・・・勝負の世界は残酷だ

サラの悲劇(北京冬季オリンピックpart3)

フィギュアスケート男子(SP

オリンピック三連覇という大偉業」に挑む羽生選手が登場。その羽生の背中を見続けて研鑽を重ねてきたであろう宇野選手、さらには18歳とフレッシュな鍵山選手という強力な布陣だ。もっとも「強力な布陣」とはいえ、なんといってもその中心は「絶対王者」の羽生であることは間違いなかった。

戦前までは・・・

 

前回大会で、すでに「オリンピック連覇」の偉業を成し遂げ、凡人ならすっかり満足のうちに引退するか、タレント気取りでテレビで愛嬌を振りまくかというところだろうが、敢えて「三連覇の偉業」に挑んできたこと自体、称賛に値する。

 

そんな「絶対王者」の地位は揺るがないハズだとの確信に支えられての観戦だったが、この日のSPでは予想外のミスが出て「まさかの8位」というスタートだ。

 

「まだショートプログラムだから」とはいうものの、これまでの「ショートでトップに立って逃げ切り」のパターンが崩れただけでなく、トップ選手たちとは大差が付いてしまっただけに、事実上「逆転金」の目は、ほぼ潰えたといえる。当然ながら「」だけを目標にしてきたであろう絶対王者には「早すぎる終戦」を迎えることに。

 

くわえて宇野(3位)、鍵山(2位)という後輩たちにも、まさかの後塵を拝するというのは、さすがに絶対王者には想定外すぎる展開であったろう。

 

もっとも、宇野、鍵山両選手の活躍自体は日本人としては喜ばしい限りであるから、このままいけば「いよいよ世代交代の波が・・・」ということになりそうなのだが、なにしろあれだけの強さを誇った絶対王者が、このまま黙って引き下がることはなかろう。

 

勝負のフリーでは、この際

 

順位よりも、この稀代の天才がこの状況下で、果たしてどのようなパフォーマンスを見せてくれるか?

 

に注目してみたいのである。

 

スキージャンプ混合団体

個人戦で表彰台を逃した高梨選手が、リベンジを期待された団体戦では「スーツの規定違反で失格」という前代未聞(?)のイチャモンを付けられ、またしても悲運に見舞われた。

 

そもそも、この「ジャンプ競技」のルールというのが、よくわからない。

ジャンプ」というからには、誰よりもたくさんの距離を飛んだ者が強いはずで、その点からいえば高梨選手は文句なくナンバーワンのはずだった。

 

ところが(だからこそというべきか)、これでは高梨選手など体重の軽い日本選手の独壇場になるからとばかり「飛型点」などという、わけのわからない採点が出てきた。要するに「飛ぶ姿の美しさ」ということらしいが、元々が「いかに遠くまで飛べるか」を争う競技なのだから、飛ぶ格好など不細工だろうがなんだろうが、たくさん飛んだ者が勝者であるべきだし、それでこそ誰の目にも不公平がないはずだ。

 

ところが、この「飛型点」などとトンチンカンだけではまだ足らず、さらには「テレマーク」などという、これまたわけのわからないルールまで加わって「着地の美しさ」までもが採点の対象となってしまった(実際の採用順序は知らんがw)

 

繰り返すが「ジャンプ」というからには「遠く高く」飛ぶことを競うべきであって、せめて「どれだけ高く飛んだか」ならまだしも理解はできるが「飛型」や「着地」の美しさなどが「ジャンプ」競技に一体、何の関係があるのか?

どう考えても「最もたくさん飛んだ者」が、絶対に偉いのであって、「飛型」の不格好さや着地で尻もちをついてひっくり返るのは「ジャンプ」の能力とは、まったく無関係なのである。

「怪物に喰われた?」日本のエース(北京冬季オリンピックpart2)

この日の注目は、スピードスケート/女子1500メートルだ。

 

前回オリンピックでは「金2個」を取った姉と「金銀銅」をコンプリートした妹という高木姉妹が登場。さらに「21W1500メートルで3度表彰台」の佐藤選手という、もう一人の有力な選手がくわわる「最強布陣」だけに、金メダルはもちろんのこと複数のメダルも期待できる種目と言えた。

 

しかしながら、そう上手くはいかない。2日前の3000mでは、エースの高木(妹)が「まさかの6位」に終わり「世界の壁」の高さを改めてまざまざと思い知らされたばかり。この大会5種目のエントリーをしてはいるものの、その中でも「世界記録保持者」として「本命」と見られたのが、この種目。まさに「満を持して」臨んだレースと言えたが、やはり世界は広かった!

 

冬季オリンピックの選手の中では、圧倒的な天才肌を感じさせる高木(妹)をもってしても適わない相手。それは

 

過去オリンピック4大会で「金5,銀5,銅1」と、1人で11個ものメダルを獲得してきたバケモノ(?)

 

であった。

 

この怪物が、35歳という年齢を超越した会心の滑りを見せたから、最終組の高木(妹)に極限のプレッシャーがかかってしまったのも無理はない。今季、ワールドカップなどの主要な大会では目立った活躍はなかったらしいのにくわえ、年齢的にもすでにピークを越えたと思われたが、ここ一番で会心のレースを演じるところが、さすがバケモノたる所以なのだろう。

 

スピードスケートの魅力は、わかりやすい点にある。採点競技が多い冬季オリンピックの種目は「疑惑の判定」によってモヤモヤが残るケースが多い中、純粋に「速いものが勝つ」スピードを競う競技は、やはり観ていて爽快感がある。

 

惜しくも「銀」に終わったとはいえ、これでトータル4個目のメダルとなった高木(妹)、まだ3種目を残しているだけに、この悔しさをぶつけて好結果に繋げてくれるはずだ。

 

他の競技では「フィギュアスケート団体」という耳慣れない競技で「銅」。

こんな種目、いつできた?

金メダル第1号(北京冬季オリンピックpart1)

冬季オリンピックが開幕した。

 

「北京オリンピックって、なんか最近やったばかり(2008年)だと思ったが、またやるの?」

 

というのと、冬季オリンピックは前回がK国だったから

 

「なんでまた2大会続けて東アジアの、しかも日本にとっては最悪な国で・・・」

 

という思いは否めないものの、「オリンピックオタク」としては、そのような政治的なカケヒキは置いといて、やはり気になってしまうのである。

 

「北京オリンピックなど、選手もボイコットせよ!」

 

などと勇ましく吠えたてる「自称言論人」が居て、まあ気持ちはわからなくはないが

 

「スタートの号砲が鳴ったら、止めて帰ってこい!」

 

などという戯言は、ここにすべてを賭けて来たアスリートを冒涜する言動であり、厳に慎むべきである。

 

/5(土)

実質的な競技初日となったこの日。

さっそく「金メダル候補」の呼び声高かったスキージャンプ女子の高梨選手が登場。幸先よく行きたいところが、結果「金」はおろかメダルにも届かず。しかしながら、フリースタイルスキー/男子モーグルの堀島選手が銅メダルを獲得し、今大会のメダリスト第一号となった。

 

/6(日)

これまた「メダル候補」と評判が高かったのがスノーボード女子だ。似たような競技で、まだ記憶に新しい東京オリンピックでの「スケボー」の大活躍が記憶に鮮明なだけに、ついつい二匹目のドジョウを期待してしまったが、結果はメダルには届かず。

 

こうして前評判の高かった選手が次々と玉砕していく中、スキージャンプ/男子ノーマルヒルで小林選手が見事に金メダルをゲットした。

 

一方、フリースタイルスキー/女子モーグルで「金メダル候補」の呼び声高かった川村選手は5位で終戦。

【iPhone12】大人気 パープル iPhoneケース シンプル フレーム

サルマタイ(ギリシア語:Sarmatai、ラテン語:Sarmatae、英語:Sarmatians)は、紀元前4世紀から紀元後4世紀にかけて、ウラル南部から黒海北岸にかけて活動したイラン系遊牧民集団。紀元前7世紀末からウラル南部にいたサウロマタイに、紀元前4世紀頃東方から移動してきた遊牧民が加わって形成されたとされる。サルマタイはギリシア語であり、ラテン語ではサルマタエとなる。また、彼らのいた黒海北岸地域をその名にちなんでサルマティアと呼ぶため、サルマティア人とも呼ばれる。

 

サウロマタイとサルマタイ

サルマタイの名が初めて登場するのは、紀元前4世紀のギリシアの著作である。それ以前はヘロドトスなどに記されたように、サウロマタイという名前のよく似た民族が登場していた。サウロマタイはサルマタイの直接の祖先とされ、考古学的にはドン川から西カザフスタンに至るまでの地域における、紀元前7世紀から紀元前4世紀の文化をサウロマタイ文化とし、それに続く文化をサルマタイ文化(紀元前4世紀 - 紀元前2世紀)としている。

 

ヘロドトスによると、サウロマタイはウラル川からヴォルガ川流域の草原地帯で遊牧を営んでいたが、ヒッポクラテスが記したように紀元前5世紀末になると、マイオティス湖(アゾフ海)周辺に移住していた。紀元前4世紀中葉になると、クニドスのエウドクソスはタナイス川(ドン川)に住むシュルマタイ(syrmatai)というサウロマタイ系の部族を記録し、カリュアンダのスキュラクスもタナイス川(ドン川)にシュルマタイの存在を記し、サウロマタイの一集団とした。しかし、フィリッポフカ古墳の発掘調査によると、紀元前5世紀末までにウラル川中流域でサルマタイの勢力が増大していたことが明らかとなる。

 

サルマタイのスキティア侵略

サルマタイのスキティア侵略については、様々な史料に断片的に記録されているが、ヘロドトス等に記されているスキタイほど詳細な史料が存在しない。しかしながら紀元前4世紀末には、サルマタイ諸部族がサウロマタイに代わってドン川に迫り、そのうちのシラケス族はボスポロス王国の権力闘争に深く関与して、クバン川流域を支配下に置いたという。

 

時にスキタイ(第二スキタイ国家)は、紀元前339年のアテアス(アタイアス)王の死後から弱体化し、紀元前3世紀にはドン川を越えて侵攻してきたサルマタイによって征服されてしまう。以降、この地域はスキタイのスキティアから、サルマタイのサルマティアと呼ばれるようになった。サルマタイは黒海北岸を征服すると、そこにあったギリシア植民市にも侵略し、自由民たちを捕虜にして売りさばいた。サルマタイから圧迫されたスキタイはクリミア半島に押し込まれ、第三スキタイ国家を形成した。その地域は小スキティアと呼ばれた。

 

ポントス・ボスポロス王国に従軍

ポントス・ボスポロス王のパルナケス(在位:紀元前63 - 紀元前47年)がローマと戦うことになったため、シラケス王のアベアコスは騎兵2万、アオルソイ王のスパディネスは20万、高地アオルソイ族はさらにそれ以上の騎兵を送って従軍させた。

 

アルメニア王国の地図

35年、パルティア王アルタバヌス2世(在位:10年頃 - 38年)の王位に不満を持ったパルティア貴族がローマ帝国に支援を求めた。ローマのティベリウス帝(在位:14 - 37年)は援軍を派遣するとともに、ティリダテス3世を新たなパルティア王に据え、前年にアルタバヌス2世が奪ったアルメニア王国を取り返した。この戦いでサルマタイは両方の側にかり出され、互いに争ってアルメニア奪還に貢献した。

 

ボスポロスとローマの戦い

ボスポロス王国のミトリダーテス(在位:41 - 45年)は、王位を弟のコチュスに奪われて以来、各地を彷徨っていたが、ボスポロス王国からローマの将軍ディーディウスとその精兵が撤退し、王国にはコチュス(在位:45 - 62年)とローマ騎士ユーリウス・アクィラの率いる少数の援軍しか残っていないことを知った。ミトリダーテスは、二人の指揮者を見くびって部族を煽動して離反を促し、軍勢を集めてダンダリカ族の王を放逐し、その王国を掌中に収めた。これを聞いたアクィラとコチュスは、自分らだけの手勢に自信が持てなかったため、アオルシー族の強力な支配者であったエウノーネスに使節を送り、同盟条約を結んだ。

出典 Wikipedia

神社と祭神 ~ 古事記と日本書紀の神々(7)

出典http://ozawa-katsuhiko.work/

神社

 以上のような神は、支配者である「皇室の神」です。ですから、その多くが崇拝を求められて「神社の祭神」となっているのですが、残念ながら一般の人々はどの神社にどの神が祭られているのかなど全く意に介さず、知ろうともしません。要するに「神」でありさえすればいいからです。つまり「」だけが問題なのであって「誰」であるとか「どんな職分」の神であるかは問題にされないのです。

 

 以下、有名神社について紹介しておきます。「神社」と総称してはいますが、神社には何々「神宮」と呼ばれたり、何々「大社」、あるいは「」とか「」とか呼ばれているものもあり複雑です。ここでは詳しい説明は割愛して、簡単な紹介にしておきます。

 

「伊勢神宮」(三重県)

 これは本来「別格」の神社で、ここだけはただの「神宮」と呼ばれるはずのものでした。つまり、本来「伊勢」という限定はいらないのであって、ここはすべての神社を代表しているということです。というのも、ここの主神は「天照大神」であり天皇家の祖先神であるからです。この神が「内宮」の主神ですが、外宮には食物神である「豊受けの大神」が祭られています。

 しかしその後、複数の神宮が作られたため「伊勢の神宮」と限定されてしまったというわけでした。今日では「神宮」というと、むしろ東京の「明治神宮」を意味してしまうことが多いようです。

 

「熱田神宮」(愛知県)

 ここは三種の神器の一つである「草薙の剣」が祭られていることで有名で、主神は「熱田大神」とされますが、これは要するに「天照大神」ということになってしまいます。その他、この剣を八股の大蛇を退治して取り出した「すさのう」と、これを以て駿河で「草を薙って」この地を平定した(それゆえ「草薙の剣」と呼ばれることになった)「日本武尊(やまとたけるのみこと)」が祭られているのは当然です。

 

「明治神宮」(東京都)

 「初詣」で有名な神社ですが、ここの祭神は「明治天皇」であって、全く新しい神社です。しかし今日、限定なしに「神宮」というと、ここを意味してしまうほどに有名になってしまいました。

 

「出雲大社」(島根県)

 ここの神は「大国主大神」です。本来は、ここだけが「大社」と呼ばれていたことが『延喜式』に見られます。つまり「神宮」は本来「伊勢神宮」だけで、「大社」は「出雲大社」だけということのようでした。それが拡大されて、後に各地にたくさん「大社」が作られていきました。

 

「春日大社」(奈良県)

 藤原氏の「氏神社」として興隆したものですが、一般に「春日祭り」で有名となっています。祭神は「大国主」に国譲りの談判に行った「たけみかずち」と、『日本書紀』の方で「たけみかずち」と共に談判に言ったとされる「ふつぬしの神」です。共に「戦の神」とされています。

 

「諏訪大社」(長野県)

 大国主の国譲りの話しのところに出てくる「たけみなかた」が祭られています。

 

「伏見稲荷大社」(京都府)

 一般に「お稲荷さん」で親しまれているものですが、それらのお稲荷さんは「伏見稲荷」とは無関係に地方にあった信仰が取り込まれたものと考えられ、全国に数万の社が存在すると言われています。そうなったのも、この稲荷信仰は「食物、穀物の神」とされる一方、屋敷神ともされたりして氏族の守護を司るとされ、また他方でここの使い神である「狐による祟り」が考えられたりして、それ故地方ごとにあった様々の信仰形態が包括されてしまったといわれています。

 一応、その本家とされるのがここで、祭神は「食物、稲の神」とされる「うかのみたま」となります。今日でも「商売の神」として、多くの信仰を得ています。もちろん全国数万の「お稲荷さん」も同様です。

 ちなみに愛知の「豊川稲荷」も有名ですが、こちらは全く別系統で、仏教での「だきにてん」と稲荷が習合したものです。

 

「熊野神社」(和歌山県)

 一般に「熊野神社」と呼んで全国各地で多くの信仰を集めていたものですが、この「熊野信仰」の母体となっている神社は、紀州の「熊野三山」つまり「熊野本宮大社」と「熊野速玉大社」、「熊野那智大社」をさします。

 この他に、島根にも「熊野大社」という非常に由緒ある社などもあって、ややこしいです。祭神は「本宮」が「けつみこ大神」とされますが、この本体は「すさのう」とされています。「速玉」は「速玉大神」ですが、この本体は「いざなぎ大神」とされます。「那智」は「おおあなむち」です。

 

「宇佐八幡宮」(大分県)

 これは「宇佐神宮」が本名のようですが、一般に「八幡様」と呼ばれて親しまれているものです。祭神は「応神天皇」ですが、一般に「源氏の氏神」として有名で「八幡太郎義家」などと名前にまで使われていました。源氏の氏神とされていることに了解されるように、ここは「戦の神」とされています。

 

「太宰府天満宮」(福岡県)

 俗称「天神様」ですが、ここには「菅原道真」が祭られています。この菅原道真が九州の太宰府に流されて憤死し、その祟りで京の都に「雷」が落ちて火事になるなどの災害が生じ、これは「道真の怨念による祟り」であるとされました。そのため道真を「神として祭って」祟りを起こさないようにと「鎮めた」ものです。「雷」だったので「天神」と呼ばれたわけです。後に、この道真は書の達人であったところから「学問の神」とされていったのでした。

 この天神様のように、歴史上有名な人物が神格化されて祭られている場合も多々あります。日光の東照宮には徳川家康が祭られています。

 

 こうした神の中で、庶民に人気となって祭られているものに「平将門」がおります。とくに「神田神社」一般には「神田明神」と言われて、銭形平次でも有名になっているものですが、ここの祭神は一宮が「おおあなむち」、二宮が「すくなひこな」、三宮が「平将門」になっています。元来は「おおあなむち」が祭られたもののようでしたが、平将門の祟りがあったと見られた時、荒れ果てていたこの社に「合併して祭る」ということで祭られて以来興隆し、徳川時代には「天下祭り」と呼ばれていました。明治時代に一度、平将門は「別にされ」「すくなひこな」が合祀されましたが、昭和時代になって氏子の強い要求で、再びここに祭られるようになりました。

 

 以上の神社は皆「人気」があって、様々の地域に勧請されて祭られています。そのベスト15を上げておきます。

 

稲荷、八幡、天神、宗像・厳島、諏訪、日吉、熊野、津島、白山、八坂、松尾、鹿島、秋葉、金比羅

【iPhone12】大人気 パープル iPhoneケース シンプル フレーム

3点セット ザ・ボディショップ ハンドクリーム、ボディスクラブ、シャワージェル東芝 AM/FMラジオ ワイドFM対応 シルバー TY-HR2中学生の知識で数学脳を鍛えるBershka デニムショートパンツブラウン オーラルB 対応 互換ブラシ 8本セットPlayStation2本体フルセットSCPH3900SAIDA様専用 どうぶつの森amiiboカード ジュンむととん様専用 NECA エイリアン vs フィギュアアクリサリスエイリアン
【グッドカラー】 ナイキ ワンポイント 刺繍 ストリート スウェット ベージュ美品 Heron Preston ヘロン プレストン camoカモ パーカーバケットハット 帽子カプセルプラレール 東日本編 西日本編 フルセット カププラヴィクトリアシークレット ハワイ 水着 タオル地インナー2枚組電動エアダスター クリーナー ブロワー 7500mAh 新品未使用【暖かい】EXOブランケット ※新品・未使用品

歴史上の記録

139年、ローマの地理学者プトレマイオスは、クーノイ族(ΧονοιまたはΧουνο)がスニ(Suni)の統治下にあるポントス地方のバスタルン族とロクソラン族の間に住んでいると述べている。

 

彼は2世紀の初めに列挙したが、これらの民族がフン族か否かは不明である。西ローマ帝国が、しばしば「クーノイ」 (Χονοι)または「ウーノイ」(Ουννοι)と書いており、東ローマ帝国では名称の初めにXの喉頭音を一度も用いていないことを考慮すると「クーノイ」 (Χονοι) と「ウーノイ」(Ουννοιの類似は偶然である可能性もある。

 

5世紀のアルメニアの歴史家モヴセス・ホレナツは「アルメニア史」でサルマタイ族の近くに住むフン族について紹介し、194年から214年の間の何れかに起きたフン族によるバルフ攻略について物語り、この街をギリシャ人が「ウーノク」(Hunuk)と呼ぶ理由を説明している。[要出典]

 

確実な記録としては、フン族は4世紀に初めてヨーロッパに現れた。彼らは370年頃に黒海北方に到来した。フン族はヴォルガ川を越えて、アラン族を攻撃して彼らを服従させた。

 

6世紀の歴史家ヨルダネスによると、バランベル(ゴート族によって創作された架空の人物ではないかと疑われている)に率いられたフン族は、グルツンギ(東ゴート族)の集落を襲撃した。グルツンギ王エルマナリクは自殺し、甥の息子のヴィティメール(Vithimiris)が後を継いだ。376年にヴィティメールは、フン族とアラン族との戦いで戦死した。この結果、東ゴート族の大半がフン族に服従した。

 

ヴィティメールの息子のヴィデリック(Viderichus)はまだ幼なかったため、残った東ゴート族の難民軍の指揮権はアラテウスとサフラスクに委ねられた。難民はドニエストル川西方のテルヴィンギ(西ゴート王国)の領域へ逃げ込み、それからローマ帝国領へ入った。(ゴート族のローマ帝国侵入後については「ゴート戦争 (376–382)」も参照)[要出典]

 

逃げ出した東ゴート族の一部に続いて、フン族はアタナリックの西ゴート族の領土に入った。アタナリックはドニエストル川を越えて遠征軍を派遣したが、フン族はこの小部隊を避けて直接アタナリックを攻めた。ゴート族は、カルパティア山脈へ後退した。ゴート族の難民たちはトラキアへ、そしてローマ駐留軍のいる安全地帯へ向かった。[要出典]

 

395年、フン族は初めて東ローマ帝国へ大規模な攻撃をかけた。フン族はトラキアを攻撃し、アルメニアを蹂躙してカッパドキアを却略した。彼らはシリアの一部に侵入してアンティオキアを脅かし、ユーフラテス属州を通って押し寄せた。皇帝テオドシウス1世は軍隊を西方へ派遣しており、そのためフン族は抵抗を受けることなく暴れ回り、398年に宦官エウトロピウスがローマ人とゴート人の軍隊をかき集めて撃退して、ようやく平和を回復することに成功した。[要出典]

 

一時的に東ローマ帝国から逸れた間、405年のラダガイスス率いる蛮族の集団のイタリア侵攻や406年のヴァンダル族、スエビ族そしてアラン族のガリア侵入に証明されるように、フン族ははるか西方に移動したようである。この時のフン族は一人の統治者元の一つの軍隊ではなかった。多数のフン族が東西ローマ、そしてゴート族の傭兵として雇われていた。ウルディン(個人名が知られる初めてのフン族)は、フン族とアラン族の集団を率いて、イタリアを守るためにラダガイススと戦った。ウルディンはドナウ川周辺の東ローマ領で騒乱を起こしていたゴート族を破り、400年から401年頃にゴート族のガイナスの首を斬った。ガイナスの首は贈物と引き換えに東ローマへ与えられて、コンスタンティノープルで晒された。

 

408年、東ローマはウルディンのフン族から再び圧力を感じ始めた。ウルディンはドナウ川を越えて、モエシア属州のカストラ・マルティス要塞を攻略した。それから、ウルディンはトラキア一帯を略奪した。東ローマはウルディンを買収しようとしたが、彼の要求額が大きすぎて失敗し、代わりに彼の部下たちを買収した。これにより、ウルディンの陣営から多数が脱走し、ローマ軍に大敗を喫して撤退を余儀なくされた。それから程なく、ウルディンは死去している。[要出典]

 

西ゴート王アラリック1世の義弟アタウルフは、409年にジューリア・アルプス山脈南方でフン族の傭兵を雇っていたようである。彼らは、皇帝ホノリウスの最高法官オリンピウスに雇われた別のフン族の小集団と対峙した。409年後半に西ローマ帝国は、アラリックを防ぐためにイタリアとダルマチアに数千のフン族を駐留させ、このためアラリックはローマへ進軍する計画を放棄している。[要出典]

 

410年頃にフン族は、ドナウ川中流域の平原を制圧した。フン族は東ローマ帝国への侵入と略奪を繰り返し、このため東ローマ皇帝テオドシウス2世は430年頃に、フン族へ毎年金350ポンドの貢納金を支払う条約を結んだ。

 

一方で、フン族は西ローマ帝国の将軍アエティウス(少年時代にフン族の人質となった経験を持つ)の傭兵となって、帝国内の内戦やゲルマン諸族との戦争に参加した。433年、フン族は西ローマ皇帝ウァレンティニアヌス3世の母后ガッラ・プラキディアとの内戦状態にあったアエティウスとの取引により、軍事力提供の見返りにパンノニア(とイリュリクムの一部)の支配を西ローマ帝国に認められた。

出典 Wikipedia

海幸彦と山幸彦 ~ 古事記と日本書紀の神々(6)

出典http://ozawa-katsuhiko.work/

 

このはなさくやひめ

 「ににぎのみこと」が美しい女性「このはなさくやひめ」に会い結婚したいと思い、その父「大山津見」の神に申し込んだところ彼は承知しましたが、その姉の「いわながひめ」までくっつけてきました。ところが、この「いわながひめ」は非常に醜かったので「ににぎのみこと」は彼女を送り返してしまいます。

 

ところが「大山津見」が言うには、自分が二人一緒に送ったのはわけがあったので、この「いわながひめ」は「永久に石のように存続する」という性格を持っていて、一方「このはなさくやひめ」は「花のように栄える」けれど花のように「儚い」という性格を持ち、両方を妻にしていれば「栄えて永久」ということになったのに、「いわながひめ」を送り返した以上は、「寿命が短い」ということになってしまう、というわけでした。

 

ここに天皇の短命なことの理由が述べられているわけですが、実際この時代、天皇家は短命であったことが、こうした話しを作らせているのでしょう。一方「このはなさくやひめ」はすぐ妊娠してしまいまして、そのため「ににぎのみこと」は別に男がいたのではないかと疑ってしまいます。そこで彼女は「天の神の子供なら無事に生まれるでしょう」と言って「産屋」に入り、それに火をつけてしまいます。そして彼女は「ほでり」「ほすせり」「ほおり、またの名をひこほほでみ」という三人の子供を生んできます。彼女の運命は不明です。

 

「海彦と山彦」

ここから、話しはこの子供のうち「ほでり」と「ほおり」の話しになっていきます。すなわち、「ほでり」は「海幸彦」と呼ばれ、「ほおり」は「山幸彦」と呼ばれることになりました。この「山幸彦」たる「ほおり」は、兄である「ほでり」に向かって、互いの道具を取り替えてみないか、と持ちかけます。「ほでり」は三度も断りますが、あまりにしつこいのでとうとう承知します。こうして「山幸彦」が海にいくわけですが、うまくいかず大事な「釣り針」までなくしてしまいます。

 

 そこに「ほでり」が、やはり獲物は自分の道具でしかとれない、と言って道具を元に戻そうとしてくるわけですが、「ほおり」は「釣り針」を返せません。困って自分の刀で釣り針をつくって返そうとし、五百、千とつくるのですが、「ほでり」はやはり元のものでなければ、といってきます。困った「ほおり」が海辺で泣いておりますと「しおつちの神」が出てきて事情を聴き、助けてあげようということになり、まるで「浦島太郎」の話しの原型のような話しになって、竜宮城のような「海神の宮」に行き歓待され、「とよたまひめ」と結婚して三年経ちます。しかし、かつての事情を思いだしため息をついていると、海神が事情を聴いて、魚を集めて「はり」を探しだしてそれを持たせ、「ほでり」をやっつける方法を授けて送りだします。

 

 かくして「ほおり」は「ほでり」をやっつけて支配者となり「ほでり」は「従者」となったがその一族が「隼人」となった、といってきます。このあたり朝廷がどんな部族であったのかをよく物語っており、「海の民」に対する「山の民」の優位が語られています。つまり「山幸彦」が海へと入りそこで歓待され、そこから「海幸彦」を支配下においた、という物語になっているわけです。

 

「とよたまひめ」

 ここから話しは「とよたまひめ」の妊娠となり、彼女は「もとの姿」で子供を産まなくてはならないが「決して覗き見しないように」と言い置いて「産屋」に入っていきます。しかし、そう言われるとのぞきたくなるのが凡夫の常で「ほおり」は覗いてしまいますが、そこに見たのは「鰐がのたうちまわっている姿」であったとなります。

 

 こうして「とよたまひめ」は恥をかかされたことで、海へと戻っていってしまいます。こうした、禁止されればされるほどそれを侵犯したくなるという「タブーの侵犯」の説話は日本ばかりでなく、世界中にある説話のパターンです。

 

一方、子供は無事生まれていまして、その子は「うがやふきあえず」の尊といいました。一方、「とよたまひめ」は、その妹の「たまよりひめ」を送り、その子の養育にあたらせました。こうして成長した「うがやふきおえず」の尊は、そのまま乳母であった「たまよりひめ」と結婚してしまいい四人の子供をもちますが、その中に「かむやまといわれひこ」の尊がおりました。この尊が「神武天皇」となるわけで、『古事記』は、ここから「中の巻き」となっていくのでした。

 

『古事記』の「神代の物語」はこんな具合になっているのですが、さて、ここでも「神々」と言われていたので、ついうっかり「神」についての物語であったのだと思ってしまいますが、これを世界の神話の代表ともいえるギリシャの神々と比較してみますと、とてもではありませんが「神」などとはお世辞にもいえないということに気づかれるでしよう。

 

 ギリシャの神らしい超人的能力の発揮があったのは、「いざなぎ、いざなみの国造り」はともかくとして、他にはたった一人「すさのう」くらいのもので、それも「八股の大蛇」の話しがあったから何とかなったので、それがなかったら彼も危ういことになってしまいます。

 

 つまり、ギリシャの神々は、第一に「不死」であって、これはプラトンが言っているように「神であることの証明」みたいなものですが、『古事記』の神は不死ではありません。

第二にギリシャの神々は「雷を落としたり、地震を起こしたり、風を吹かせたり自然現象を操作」してしまいますが 、そんな力も持ち合わせていません。また強大な力を持ち、怪物を倒したり、人間に様々な能力、気力を与えたり奪ったりもしてきますが、『古事記』の神は、そんなこともしてきません。

 

 いや、一番大事なことなのですが、ここには「人間」が現れてはこないのです。つまり『古事記』というのは、もともと「天皇」とその周りの貴族の位置づけ、職能を描くのが目的であり、初めから「人間のこと」を描いていたのです。「人間に対する神」を描いていたのではないのです。「神」という呼び名に騙されていただけなのです。「国造り」が終わった後、つまり「天照大神」の以降は、むしろ人間的に「何々様」と読み替えて読んだ方が分かり易いのです。

 

 こんな具合に「人間の」物語だったのですから「他に」人間が出てくるわけもなかったのでした。天とか海とかの「場所」も単なる「地域の別」と読めばよかったのです。もちろん、ここに出てきたいわゆる「神々」が、後に神社の主神となっているということはその通りなのですが、その神と言われるものの実体は、以上のようなものなのでした。

盤古 ~ チャイナ神話(2)

簠簋内伝などでの盤古(盤牛王)

日本における盤古についての記述には、陰陽道の文献のひとつである『簠簋内伝』(ほきないでん)、あるいは雑説や説話を多く収録している文献『榻鴫暁筆』に見られる盤牛王(盤牛大王とも。『榻鴫暁筆』では盤古王)の話が確認出来る。また、能楽の文献である『八帖花伝書』などにも、土用の間日に関する記述の起原として類似傾向の説話が書かれている。素戔嗚尊(すさのおのみこと)と習合されていたり、仏典など各種の説話と混成されたりしており、中国神話を直接とったものではない特殊なものであるといえる。その内容は、以下のようなものである。

 

天は初めには、その形が無く地もまた、その姿形を持ってはいなかった。その様子は鶏卵のように丸くひとかたまりであった(宇宙卵生説)。この天地の様態のことを「最初の伽羅卵」という。この時、計り知れない大きさの蒼々たる天が開き、広々とした地が闢いた。そして、これら天地に生まれた万物を博載することの限りなさは想像すらできない。盤牛王は、その世界の原初の人であった。

 

その身の丈は十六万八千由旬であり、その円い顔を天となし、方形の足を地となした。反り立つ胸を猛火とし、蕩蕩たる腹を四海となした。頭は阿迦尼吒天に達し、足は金輪際の底獄に、左手は東弗婆提国に、右手は西瞿陀尼国にまで届いた。顔は南閻浮提国を覆い、尻は北鬱単越国を支えた。

 

この世の万物で、盤牛王から生じなかったものは一切ない。彼の左目は太陽となり、右目は月となった。その瞼を開けると世界は染明け、閉じると黄昏となった。彼が息を吐くと世界は暑くなり、吸うと寒くなった。吹き出す息は風雲となり、吐き出す声は雷霆となった。彼が天に坐すときは「大梵天王」といい、地に坐すときは「堅牢地神」と呼ぶ。さらに迹不生であるをもって「盤牛王」、本不生であるをもって「大日如来」と称するという。

 

彼の本体は龍であり、彼はその龍形を広大無辺の地に潜ませている。四時の風に吹かれ、その龍形は千差万別に変化する。左に現れると青龍の川となって流れ、右に現れると白虎の園を広しめ、前に現れると満々たる水を朱雀の池に湛え、後ろに現れると玄武の山々を築いて聳え立つという(四神相応)。また、彼は東西南北と中央に宮を構え、八方に八つの閣を開いた。そして五宮の采女を等しく愛し、五帝竜王の子をもうけたとされる。

 

五帝龍王とその子ら

盤古の第一の妻を伊采女といい、彼女との子供が青帝青龍王である。盤古は彼に一年の内、72日間を春として支配させた。さらに青帝青龍王に金貴女を娶らせ、10人の子を産ませた。これが十干である。

 

盤古の第二の妻を陽専女といい、彼女との子供が赤帝赤龍王である。盤古は彼に一年の内、72日間を夏として支配させた。さらに赤帝赤龍王に昇炎女を娶らせ、12人の子を産ませた。これが十二支である。

 

盤古の第三の妻を福采女といい、彼女との子供が白帝白龍王である。盤古は彼に一年の内、72日間を秋として支配させた。さらに白帝白龍王に色姓女を娶らせ、12人の子を産ませた。これが十二直である。

 

盤古の第四の妻を癸采女といい、彼女との子供が黒帝黒龍王である。盤古は彼に一年の内、72日間を冬として支配させた。さらに黒帝黒龍王に上吉女を娶らせ、9人の子を産ませた。これが九相図である。

 

盤古の第五の妻を金吉女といい、彼女との子供が黄帝黄龍王(他の写本では天門玉女という女神となっているものもある)である。盤古は彼(または彼女)に一年の内、72日間を土用として支配させた。さらに堅牢大神に黄帝黄龍王を娶らせ、48人の子を産ませた。これが七箇の善日以下の(『簠簋内伝』に記載されている)暦注・節日である。

 

もともと、黄帝黄龍王(天門玉女)48王子は難産の末に生まれたために、自分らが支配する季節、領地を持てなかった。そのため48王子は男子に変じたり、女子に変じたりと、定まるところがなかった。そこで、48王子は自分らの支配領を求め先述の四龍王に謀反を企てた。17日間続いたこの戦により、ガンジス河は血に染まったという。

 

そこで諸神らは協議の末、四季の中から18日ずつを48王子の父()である黄帝黄龍王(天門玉女)に与えることに決めたという。

 

牛頭天王との関連性

『簠簋内伝』の中で「盤古」を「盤牛」としているのは牛頭天王(ごずてんのう)信仰について言及するために「牛」の字を用いたのではないかと考察されている。京都府の妙法院に康応元年(1389年)の奥書をもつ和漢の神々の姿を描いた絵巻物があり、天神七代・地神五代に次いで、盤古王および五帝竜王、そして牛頭天王の絵が上記のような『簠簋内伝』の内容に極似した説明文とともに書かれている(題簽を欠いており、原題は不詳。内容から「神像図巻」と呼ばれている)

 

妙法院神像絵巻や『榻鴫暁筆』は、この盤古王(盤牛王)を『神在経』という文献に載っている話として記している。『神在経』という文献は確認されていないが、これを見るに原典は不詳ながら、中世の頃から盤古と牛頭天王を結びつける考えがあったと推測される。『簠簋内伝』とは、五帝龍王を生んだ妻たちの名や、生んだ子たちの数などに差異があるが、妙法院神像絵巻と『榻鴫暁筆』では一致が見られ、『神在経』あるいは『神在経』を引用した何かを資料として書かれたものであることは言える。

 

五郎王子ら

『八帖花伝書』などに見られる盤古王の子供たち。四人の兄たちが四季をそれぞれ支配しているが、末の五郎王子には領分が設けられなかった。そのため母が剣を与えたが、その剣をめぐって兄弟たちが激しく争ったとされる。物語の舞台は天竺とされている。

 

太郎王子 春を支配する。

二郎王子 夏を支配する。

三郎王子 秋を支配する。

四郎王子 冬を支配する。

五郎王子 兄弟間の戦の結果、四季の土用と滅日・没日・大敗日、さして閏の期間を支配することとなる。

 

これ以外に、竈(かまど)の神をまつる『土公神祭文』でも、盤古大王の子供たちが争い、五郎王子が竈の神となったという展開が見られる。

出典 Wikipedia

Latest

【iPhone12】大人気 パープル iPhoneケース シンプル フレーム

【iPhone12】大人気 パープル iPhoneケース シンプル フレーム:ご注文後、ご注文確認書が届きますので、弊社チームより配送内容をご連絡いたします。 最大56%オフ!,低価格,【即発送可能】【iPhone12】大人気 パープル iPhoneケース シンプル フレーム